黒崎祇園山笠

福岡県, 北九州市

400年以上続くお祭り 一日中 見るお祭り 九州

祭りの概要

黒崎祇園山笠は岡田神社、春日神社、一宮神社の氏子によって毎年7月中旬~下旬頃に行われている祭礼。1605年から始まったとされ、400年以上の歴史があり福岡県の無形民俗文化財にも指定されている。

山笠は武者人形等を飾り付けた高さ4.5m幅3m重さ2.8tもの山車のことだ。太鼓や鉦(かね)の祇園囃子に合わせてこの豪華な山笠を勇壮に曳き廻す演技は見物。また戦国時代の合戦の太鼓の勇ましさを取り入れたと言われているこの祇園囃子は、ほら貝の音も入り独特の調子をつくっている(合戦の始まりの合図としてほら貝を吹く文化があった)。その激しいお囃子に合わせてぐるぐると廻る山笠は圧巻の迫力。ケンカ山笠とも呼ばれる所以だ

054 Reh Kurosakigion

Things to do

1. 前夜祭の競演会は必見!

054 Re1 1 Kurosakigion
054 Re1 2 Kurosakigion

金曜日の午後6時から前夜祭が始まる。 8基の山笠が勢揃いする競演会は見物だ。ライトアップされた山笠が練り歩く姿はさながら光のパレード。煌びやかさと勇壮さが一体となる夜の山笠は必見だ。

Information (基本情報)

  • 開催日時 2019年7月19日(金)〜22日(月)
    毎年7月の第3日曜日ははさんで金曜日から月曜日までの4日間
  • 開催場所 黒崎駅前通り
  • 一般参加の可否 各山笠の責任者の判断による
  • 外国語対応の有無 なし
  • トイレの有無 あり
  • その他の便利情報(更衣室など) なし
  • 問い合わせ先 黒崎祇園山笠保存会
    093-642-5151

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

初心者は責任者の指示に従う事
はっぴなどの服装は山笠ごとに決められている指定のものを着用

Access Map (アクセスと地図)

北九州市へのアクセス

[最寄り駅]
JR黒崎駅

会場
JR黒崎駅下車すぐ
北九州市八幡西区黒崎駅前通り(ふれあい通り)

Emiko Izawa
ライター
静岡県出身。お寿司、お酒、神社、文房具、お芝居が好きです。