山王祭

岐阜県, 高山市

400年以上続くお祭り 一日中 見るお祭り 中部

祭りの概要

【ユネスコ無形文化遺産】岐阜県の北部、飛騨地方にある高山市は飛騨高山と呼ばれることが多い。毎年4月14日と15日に行われる春の高山祭は、16世紀後半から17世紀、戦国時代頃が起源とされている。春の高山祭「山王祭(さんのうまつり)」は旧高山城下町の南半分の氏神様(うじがみさま)(その土地に住む人々を護ってくれる神様)である日枝神社(ひえじんじゃ)の例祭。

金色の鳳凰を模した飾りや豪華な彫刻、刺繍などで装飾された屋台は、国の重要有形民俗文化財にもなっている。壮観な12台の屋台が曳き揃えられ、立ち並ぶ様子は必見。からくり奉納や夜祭などの伝統行事もあり、日本三大美祭のひとつと称されるほど華やかな祭りだ。

025 Reh Gifusannou Spring (補正済み)

Things to do

1. 勇壮な屋台を間近で見よう!

025 Re1 1 Gifusannou Spring (補正済み)

春の高山祭を彩る12台の屋台を間近で見られるのは、年にこの2日間だけ。
大きな屋台が並んでいるだけでも迫力があるが、ここでは屋台彫刻や刺繍などで飾られた豪華な屋台を細部までじっくりと見ることができる。
大勢の人が屋台を囲み、感嘆の声を上げるほどだ。勇壮な屋台をじっくり見てみよう!ただし、屋台に触れる事は禁止されているので注意しよう。

2. 自由に舞う人形たちを見よう!

025 Re2 1 2 Gifusannou Spring (補正済み)

「三番叟(さんばそう)」「龍神台(りゅうじんたい)」「石橋台(しゃっきょうたい)」の3台が1日2回、からくり奉納を披露する。人形たちは熟練の綱方(つなかた)(からくりを操作する人)によって、屋台の上でまるで生きているかの様に自由に動き回る人形は見事な演舞で観客を魅了する。
混雑状況によって、からくり奉納開始前に御旅所(おたびしょ)(神輿が本宮から移動した際に滞在する場所)前への進入を制限する可能性があるので、少し早めに移動しよう!

3. 昼間とは違う美しさ

025 Re3 1 Gifusannou Spring (補正済み)

14日の夜にのみ行われる、春の夜を情趣豊かに彩る夜祭。昼間は日の光に照らされていた屋台がそれぞれ約100個もの提灯を灯して町を巡り、夜闇を照らす。暗い夜の町と灯火が織りなす情景は、思わず息を飲むような美しさだ。昼間とは少し変わった美しさを体感しよう!

Information (基本情報)

  • 開催日時 2019年4月14日・15日
    毎年同日に開催
  • 開催場所 日枝神社周辺
  • 一般参加の可否 なし
  • 外国語対応の有無 日本語、中国語、英語に対応したパンフレットあり
  • Wi-Fiの有無 会場周辺に無料Wi-Fiあり
  • トイレの有無 あり
  • HP

    http://kankou.city.takayama.lg.jp/index.html

  • 問い合わせ先 高山市観光課
    0577−32—3333

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

屋台は貴重な文化財なので、絶対に触らない。
御旅所前での行事催行中は、通行規制を行うことがある。
混雑状況によって、からくり奉納開始前に御旅所前への進入を制限する可能性あり。
側溝には蓋がない場所があるので、足下に注意。
ドローンの使用禁止。
雨天中止の場合あり。

Access Map (アクセスと地図)

高山市へのアクセス
[最寄り駅]
JR高山本線高山駅

会場
住所:岐阜県高山市城山156 日枝神社周辺
高山駅から徒歩30分

Toshiki Nakamura
ライター
好きなものはアニメとゲーム。オタク文化が生んだ永遠の大学生。