八戸えんぶり

青森県, 八戸市

400年以上続くお祭り 一日中 見るお祭り 東北

祭りの概要

八戸えんぶりは約800年前から続く民俗芸能だ。太夫と呼ばれる舞手が、種まきや田植えなどの動作を舞で表現し、豊作を祈願する祭りだ。太夫の特徴はきらびやかなかぶりもの、烏帽子だ。本来、烏帽子は日本の男性が正装をする際にかぶる帽子で、黒い色のものが多い。しかしこの祭りで用いられるものは馬の頭を表しているといわれ、きらきらと輝く装飾が施されている。太夫が首をふりながら舞えば、烏帽子が美しくきらめき、見るものを惹きつける。太夫の舞の合間には、子どもたちによる祝福芸も行われ、かわいらしくにぎやかな舞が披露される。祭りには、毎年30組ほどのえんぶり組が集まり、期間中は街のあちこちでえんぶりを披露している。昼は華やかに、夜は神秘的に感じるえんぶりの雰囲気は両方見ておきたい。

145 Reh Hachinohe Enburi

Things to do

1. 伝統を受け継ぐ勇壮な舞を堪能する

145 Re1 1 Hachinohe Enburi

農具を使って田んぼの土を平らにならすことを「摺る」ということから、この祭りでは、踊ること自体を「摺る」という。この舞には、春の訪れに向け神様を起こし、田に魂を込める意味があるのだ。祭りの初日、17日の10:00〜11:20には、太夫が行列を組み、まちを練り歩く。このときだけは、すべてのえんぶり組が中心街に集まり一斉に摺る。その勇壮な姿は祭りの見所の一つと言っても良いだろう。

2.  子どもたちの舞は場をにぎやかに和ませる

145 Re2 1 Hachinohe Enburi

太夫の舞の合間には、子どもたちも様々な舞を披露する。この日のために大人に混じって練習をしてきた舞で、会場に賑やかさを加えてくれる。子どもたちの無邪気な姿をみれば、思わず笑みがこぼれる。

3. 夜のえんぶりは、キラリと光る

祭りの期間中は18時から20時まで1時間ごとに3回、「かがり火えんぶり」が市民広場にて行われる(18日は18時、19時30分からの2回)。烏帽子には福の神や鯛、鶴、亀などの縁起物が描かれ、金、赤、緑の華やかな装飾が施されている。夜の暗闇に太夫が首を振るたび、烏帽子がきらりと光り、その美しさに引き込まれる。

4. 歴史的な庭に、幻想的な舞が映える

145 Re4 1 Hachinohe Enburi

「お庭えんぶり」(予約制・有料2100円)と呼ばれるえんぶりは、「更上閣」という歴史的な建築物の庭園で行われるため、さらに幻想的に見える。観覧チケットは電話(0178-41-1661)での購入になっているので、気になる人はお早めに!

Information (基本情報)

  • 開催日時 2019年2月17日(日)〜20日(水)
    毎年2月17日から4日間開催
  • 開催場所 青森県八戸市中心街(八戸市庁前市民広場等)
  • 一般参加の可否 参加は不可。見て楽しもう。
  • 外国語対応の有無 英語パンフ有。
  • Wi-Fiの有無
  • トイレの有無
  • その他の便利情報(更衣室など)
  • HP

    http://www.hachinohe-cb.jp/

  • SNS

    https://www.facebook.com/421347227878556/

  • 問い合わせ先 八戸観光コンベンション協会
    0178-41-1661

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

寒いので温かい服装で観に行こう。

Access Map (アクセスと地図)

・八戸市庁前市民広場の住所
青森県八戸市内丸1丁目1-1

会場へのアクセス
最寄り駅: 本八戸駅駅、
路線名: JR八戸線線
本八戸駅から徒歩約10分

最寄りバス停: 三日町停
路線名: 中心街方面行など
三日町バス停から徒歩約3分

Tsunaki Koike
ライター
田舎育ちで、カラオケとマラソンと食べることが好き。