刃物供養祭

岐阜県, 関市

見るお祭り 中部

祭りの概要

11月8日は「刃物の日」。生活文化と切っても切り離せない存在である刃物を見直し、使い手・つくり手の立場で大切にし、感謝する日。「刃物供養祭」は、全国から集められた、使い古されたり使えなくなった刃物(約4万本)を、感謝の意を込めて供養する行事だ。
日本人は「物には霊が宿る」と信じていて、日々の暮らしに関わる調理用具は特に大切にする習慣がある。そのため、使い古され捨てられる運命だった刃物を集めて祈りを捧げる、という珍しい祭りだ。祈りを受けた刃物は、リサイクルされて新しい刃物や金属製品へと生まれ変わり、まだ使えるものはメンテナンス後、災害時支援用にリユースされる。
刃物供養祭の後には、「ふいご祭り」(鍛冶屋など鞴(火をおこすための道具)を用いる職人たちが鞴に供物を供え祈願した後、飲食をする祭事)の風習にならい、お餅とみかんが振る舞われる。

103 Reh Hamonokuyousai

Things to do

1. 厳粛な神事を見学しよう!

103 Re1 1 Hamonokuyousai

刃物を供養する全国でも珍しい祭り。
神官により執り行われる、厳粛な神事の様子をじっくりと見学してみよう!

2. リサイクル、リユースしよう!

103 Re2 1 Hamonokuyousai

刃物は、燃えないゴミとして出してしまうと「ゴミ」になってしまう。

刃物供養祭には毎年約4万本の不用な刃物が集められ、リサイクルやリユースによって、貴重な資源として活用されている。不用な刃物を刃物供養祭に直接持参して、あなたの刃物をリサイクル、リユースに参加しよう!

3. 刃物製品をゲットしよう!

103 Re3 1 Hamonokuyousai

会場の関鍛冶伝承館近くに、関市の刃物直売所「岐阜県刃物会館」があり、切れ味のよい包丁、はさみ、つめきりなどを販売している。

特に、日本刀をモチーフにした「日本刀はさみ」は、大人気! 
お気に入りのひとつを見つけてみよう。

Information (基本情報)

  • 開催日時 2018年11月8日(木)午前10時~正午
    毎年 11月8日
  • 開催場所 関鍛冶伝承館
  • 一般参加の可否 見学可能
  • 外国語対応の有無 なし
  • Wi-Fiの有無 なし
  • トイレの有無 あり
  • HP

    http://www.city.seki.lg.jp/

  • SNS

    https://www.facebook.com/sekicity

  • 問い合わせ先 関市経済部商工課
    0575-23-6753
    岐阜県関刃物産業連合会
    0575-22-4941

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

厳粛な雰囲気なので、大声を上げるなどは控える。

Access Map (アクセスと地図)

関市へのアクセス

[最寄り駅]
長良川鉄道 刃物会館前駅

会場
関鍛冶伝承館
住所:岐阜県関市南春日町9-1
【電車】長良川鉄道 刃物会館前駅より徒歩3分
【バス】高速バス名古屋関線 栄町1丁目バス停より徒歩10分

Kazumi Terai
広報/ライター
群馬県高崎市出身。web制作。海外クライムサスペンスドラマ好き。