お田植え祭り「せっぺとべ」

鹿児島県, 日置市

400年以上続くお祭り 見るお祭り 九州

祭りの概要

「せっぺとべ」はこの地域に400年程前から伝わる田植えの祭り。青年たちが田んぼの中で泥だらけになって、芋焼酎を飲みながら「せっぺとべ」の歌を歌い、円陣を組んで踊るのが特徴だ。踊りには「田の土を耕す」ことと、「田の害虫を踏み潰す」意味があり、皆で大豊作を祈願する。
「せっぺとべ!」という不思議な言葉は、鹿児島の方言で「精一杯跳べ」という意味。
「せっぺとべ」の他にも、朝から子どもたちによる「鎌踊り」や「虚無僧(こむそう)踊り」「笹踊り」などいろいろな踊りが奉納され、その後、土地の神を象徴する「大王殿(でおどん)」と呼ばれる巨大な人形が練り歩くなど、活気溢れる中にも神秘的な雰囲気を持つ祭りだ。

011 Reh Kagoshima Seppetobe Top (補正済み)

Things to do

1. 焼酎を飲みながら「せっぺとべ!」

011 Re1 1 Kagoshima Seppetobe To Do1 1 (補正済み)

白装束の若者たちが神田(しんでん)などで泥だらけになり飛び跳ねる「せっぺとべ」は、他の地域ではなかなか見られない行事だ。「せっぺとべ!」のかけ声や歌とともに踊り、旗などを掲げた10m程の竹を倒さないよう、田の端から端まで運んで行く。また、芋焼酎が振る舞われ、飲みながら祭りが行われるというのも、芋焼酎の有名な鹿児島ならではだろう。

2. 「大王殿(でおどん)」の不思議な存在感

011 Re2 1 Kagoshima Seppetobe To Do1 1 (補正済み)

神事が終わると、神社から「大王殿」と呼ばれる高さ3m程の巨大な人形を先頭に、神輿などが神田(しんでん)に向かう「御下(おくだ)り」も見られる。この巨大な「大王殿」が静かに祭りを見守っている。

Information (基本情報)

  • 開催日時 2019年6月2日
    毎年6月の第1日曜日
  • 開催場所 日置八幡神社、吉利(よしとし)鬼丸(おにまる)神社
  • 一般参加の可否 事前予約のみ参加可能
  • 外国語対応の有無 特になし
  • Wi-Fiの有無
  • トイレの有無
  • その他の便利情報(更衣室など) 更衣室あり
  • HP

    http://www.city.hioki.kagoshima.jp

  • SNS

    https://www.facebook.com/日置市役所-767041956737275/

  • 問い合わせ先 日置市役所 日吉支所
    099-292-2111

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

飛び入りは不可

参加者は芋焼酎を飲む量に注意が必要
現在のところドローン等の撮影のみ禁止

Access Map (アクセスと地図)

日置市へのアクセス
[最寄り駅]
JR鹿児島本線伊集院駅

会場
鹿児島交通バス:伊集院〜加世田(かせだ)・伊作線

「日置」下車 徒歩5分
(バスの便数が少ないので気をつけてください)

住所:鹿児島県日置市日吉町日置377—1

Emiko Izawa
ライター
静岡県出身。お寿司、お酒、神社、文房具、お芝居が好きです。