川内大綱引

鹿児島県, 薩摩川内市

400年以上続くお祭り 怪我をしないように! 参加もできる! 九州

祭りの概要

川内大綱引は、400年以上前から始まったとされる祭りだ。

早朝から1500人以上で作った大綱を、上半身裸にサラシを巻いた約3,000人の男たちが、夜に行われる大綱引きで力の限り引き合う。綱の長さは約400m、重さは約7tもある。
元々は日本の戦国時代に、武士達が闘いの指揮を高めるために始めたのが祭りの起源とされ、その闘いには商売繫盛と五穀豊穣の願いも込められている。
相手陣営に攻め込んで行く際の、男たちが押し合う様は圧巻!!

101 Reh Sendai Ootsunahiki

Things to do

1. 1500人以上が参加!!綱練り

101 Re1 1 Sendai Ootsunahiki
101 Re1 2 Sendai Ootsunahiki

祭りに使われる大綱は、当日の早朝から作られる。
地元の高校生と大人達1500人以上の力によって、数百もの細い縄から1本の太い綱へと練り上げられていく。その作業は、かけ声に合わせて半日以上続けられる。
作業には、一般客の参加も可能。夜の大綱引きと合わせて一日中祭りを体験できる。

2. 勝負は大綱を切るまで続く!

101 Re2 1 Sendai Ootsunahiki

川内大綱引きでは、約3000人が左右に分かれて引き合い、中央では男達が激しくぶつかり合その様子が最大の見どころだ。
また通常短時間で決着がつく綱引きだが、ここでは、「だん木」と呼ばれるストッパーに大綱の両端にある『わさ』と呼ばれる輪をかけ、戦略を変えながら長時間引き合うのが特徴的で、1時間半ほど引き合う。最後に勝利を決める審判により大綱が切られる瞬間は見逃せない。

Information (基本情報)

  • 開催日時 2019年9月22日(土)
    毎年 秋分の日の前日
    19時~神事
    20時15分~大綱引
  • 開催場所 鹿児島県薩摩川内市 国道3号「大小路」側
    国道3号線を川を挟んで南側の「向田地区」と北側の「大小路地区」2カ所が開催地。
    向田地区2回・大小路地区1回の3年サイクルで行われている
  • 一般参加の可否
  • 外国語対応の有無
  • Wi-Fiの有無
  • トイレの有無
  • その他の便利情報(更衣室など) 更衣室なし
  • HP

    http://sendai-ootsuna.jimdo.com/

  • SNS

    https://www.facebook.com/sendai027/

  • 問い合わせ先 川内大綱引保存会
    0996-21-1851

Rules & Manners(参加のルール&マナー)

3年周期で開催場所が変更される、場所の確認をしっかり!!
綱引きに参加したい人は20時15分までに会場に集合。上半身に巻くサラシ、作業ズボン、地下足袋は各自用意して着用すること。女性の参加も可能。
サンダル不可、運動靴で参加を。
慣れない参加者は、笛が鳴り水色のハチマキをつけた人が来たら脇によけよう。

Access Map (アクセスと地図)

川内市へのアクセス

[最寄り駅]
JR線川内駅

会場

川内駅から徒歩10分
薩摩川内都I.C.から約10分

Misato Soares Hirata
Writer
Born in Tokyo. Always searching something that I don't know yet.